忍者ブログ

Date:June-25-2017

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Date:October-20-2006

講談社BOX創刊とファン倶楽部KOBOのスタート, 会報誌Vol.00など

講談社サイトにて、BOXの創刊とファン倶楽部設立、会報誌配布予約などの情報が告知されています。


BOXの創刊宣言文を読んできました。cf. 講談社BOOK倶楽部:講談社BOX

輝く“銀の箱”という、かつてない斬新なパッケージ。そこに入っているのは、日本のポップカルチャーのインデックスともいうべき、小説・まんが・ノンフィクションが渾然一体となった「ハイブリッド・レーベル」。それが“講談社BOX”です。講談社BOXは、世界市場で同時展開する“世界最強の出版レーベル”を目指してスタートします。
創刊宣言文

刊行予定に掲載されたラインナップを見るかぎりでは、どうしてもファウストを連想してしまうのですが、あちらが国内を向いたオルタナティブ路線なら、BOXはメインストリームねらいなのでしょうか。新奇性の有無はさておき、今の時期に打って出る姿勢にはちょっと興味を覚えます。サブカルどまりで終わるか、それとも高い壁を突き抜けるのか。要注目。(なんていいつつほとんど読んでいないんですけどもね、ファウスト) なお創刊にともない、ファン倶楽部KOBOが設立、2007年1月からスタートするとか。

「KOBO」の名付け親は、講談社BOXファン倶楽部総長こと、清涼院流水氏。年二回の会報誌発行、プレゼント、会員限定のスペシャルイベントetc.etc……、かつてない読者体験をあなたにお約束する講談社BOXファン倶楽部、「KOBO」にどうぞご入会ください。

……かつてないどくしゃたいけんをおやくそく、っていうかそうちょう? そうちょうなの?!
あ、先着5000名に会報誌『KOBO Vol.00』を無料でプレゼントするそうです。予約にはBOOK倶楽部の会員IDが必要です。未登録の方は先ずこちらからどうぞ。cf.会員登録 申し込み受付は既に開始していまので、気になる方はお早めにチェックなさることをおすすめします。総長があなたを待ってるかもしれませんよ?

PR

Add a comment
Name:
Title:
Email Address:
Url:
Comments:
Password:
Trackback:
Submit Trackback:
最新刊
見えない世界の覗き方―文化としての怪異

見えない世界の覗き方 文化としての怪異
京極夏彦,小松和彦 ほか

新刊
四季 春

四季 春
森博嗣

新刊
四季 夏

四季 夏
森博嗣

薔薇十字の覚醒

薔薇十字の覚醒
フランセス・イエイツ,山下 知夫

小説読書生活

小説・読書生活
関戸克己,京極夏彦

PLAYSTATION 3(20GB)

PLAYSTATION 3 (20GB)
プレイステーション 3
ソニー・コンピュータエンタテインメント

Profile

hal

特技:

開口一番を関口一番と読み違えること

さいきんのプレイリスト:

iMixで作成しているのでiTunesがインストールされているパソコンで視聴できます。