忍者ブログ

Date:April-28-2017

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Date:October-16-2006

京極堂シリーズ アーキタイプ相関図.02

京極堂シリーズ アーキタイプ相関図.01の続き。

『荘子』のなかに「罔両(もうりょう)と影」という興味深い一説がある。罔両とは影の外縁にできるうすいかげのことを指すが、この罔両が影を批判して、歩いていたかと思えば立ちどまり、坐っていたかと思えば立ち上がる。どうしてそんなに自主性がないのかと言う。これに対して影は答える。
「おまえは、おれが主人の動くなりに動くからといって非難するが、ほんとうにそうなのかねえ。おれの主人にしたところで、果たして自分の意志で動いているのかどうか。もしかすると、やはり何かほかのものに動かされているので、形はあってもぬけがら同然のものかも知れぬ。われわれには、なぜ自分が動くのか、わかりっこないんだよ」
河合隼雄: 昔話の深層(福音書店, 1977)[4]


京極堂シリーズの中の相関関係

シリーズ本編を一つの物語としてとらえたとき、中禅寺秋彦(京極堂)を主人公(Ego/Hero)とした構造があり、直下に関口巽の物語が存在する。更に内側にも入れ子構造として多数の物語が重複しつつ並存している。

中禅寺と関口は別個の物語の主人公であり、同時に互いのShadowでもある。Animaが友人同士という点にも留意:
久遠寺涼子と織作茜
関口雪絵と中禅寺千鶴子

一つの物語において主人公(Ego)以外のアーキタイプを表すキャラクタも、それぞれ自身の物語の主人公である:
織作茜[Anima]←→[Animus]中禅寺秋彦
中禅寺千鶴子[Anima]←→[Animus]中禅寺秋彦
久遠寺涼子[Anima]←→[Animus]関口巽
関口雪絵[Anima]←→[Animus]関口巽
中禅寺秋彦←[Shadow]→由良昂允←[Shadow]→関口巽
柚木洋子(美波絹子)[Anima]←木場修太郎→[Great father]美馬坂幸四郎
神崎宏美[Anima]←→[Animus]榎木津礼二郎
木場修太郎←[Shadow]→榎木津礼二郎

ちょっとまとまらないので、時間をあけて続くかもしれません。

参照
京極夏彦: 京極堂シリーズ本編 姑獲鳥の夏から邪魅の雫まで

[1]
ユングの主要学説である集合的無意識と元型論。なんだかよくわからな(ry
C.G. ユング: 元型論

[2]
神話学と物語製作の定番書。スターウォーズのネタ元。(長くて重いので、目的を持たないと読むのが少し辛い)
ジョゼフ・キャンベル: 千の顔をもつ英雄〈上〉
ジョゼフ・キャンベル: 千の顔をもつ英雄〈下〉
モイヤーズの問いにキャンベルが応える形式の対談集。キャンベル神話学のエッセンス。キャンベルの発言に"戦争と一人の女"(坂口安吾:『白痴』収録)にあるのとそっくりな一節が登場するのも興味深い。
ジョーゼフ・キャンベル, ビル・モイヤーズ: 神話の力

[3]
ヒット作を実例に挙げ、映画脚本の制作方法をシステマチックに解説。神話論/アーキタイプが世界観/キャラクタの造詣に用いられている。記載されたセオリーに従うだけで一定水準を満たす(映画に限らず、マンガなども含む)物語が創作できそうではある。(ただしハリウッド流なのであくまでも売れる物語という注釈付き)
リンダ・シガー: ハリウッド・リライティング・バイブル
小説に特化した内容。ヒットメイカーならではの類型的要素の扱い。(登場人物の扱いなどに関しては強烈な記述もあるので、実践する方は大変かとも思ったり)
ディーン・R. クーンツ: ベストセラー小説の書き方(文庫版)
神話論/アーキタイプを掘り下げている。ハリウッド・リライティング・バイブルが実践/技術面なら、こちらは芸術面を重視。(読む分にはややくどいです)
ジェームス・ボネット: クリエイティヴ脚本術―神話学・心理学的アプローチによる物語創作のメソッド
神話学を脚本術に応用する方法を詳細に解説。(文体は冗長だが内容は明瞭)
クリストファー・ボグラー: 夢を語る技術〈5〉神話の法則―ライターズ・ジャーニー

[4]
ユング派の心理学者である河合隼雄の物語論。昔話/伝説/神話の違いやアーキタイプについて具体例を挙げ解説/解読している。翻訳本に絶版が多くなっているマックス・リューティなどの引用も含む。
わたしが所有しているのは旧版(ハードカバー)なのですが内容はかわらないと思います、たぶん。
河合隼雄: 昔話の深層―ユング心理学とグリム童話(文庫版)
昔話/民話研究の定番書。
マックス・リューティ: メルヘンへの誘い
「昔話の本質」と「昔話の解釈」が収録。(もう入手困難かも)
マックス・リューティ: 昔話の本質と解釈

PR

Add a comment
Name:
Title:
Email Address:
Url:
Comments:
Password:
Trackback:
Submit Trackback:
最新刊
見えない世界の覗き方―文化としての怪異

見えない世界の覗き方 文化としての怪異
京極夏彦,小松和彦 ほか

新刊
四季 春

四季 春
森博嗣

新刊
四季 夏

四季 夏
森博嗣

薔薇十字の覚醒

薔薇十字の覚醒
フランセス・イエイツ,山下 知夫

小説読書生活

小説・読書生活
関戸克己,京極夏彦

PLAYSTATION 3(20GB)

PLAYSTATION 3 (20GB)
プレイステーション 3
ソニー・コンピュータエンタテインメント

Profile

hal

特技:

開口一番を関口一番と読み違えること

さいきんのプレイリスト:

iMixで作成しているのでiTunesがインストールされているパソコンで視聴できます。